PVC(人工皮革)のお手入れ

人工皮革のメンテナンス方法をご案内します
PVC・アーティフィシャルレザー・バイキャストレザーなどいわゆる人工皮革のメンテナンス・特徴
 
まず、材料・仕上げ方法を知りましょう
ビニールレザー・人工皮革・バイキャストレザー 材料の特性・性質
現在販売されいるデザイナーズ家具の中でもアーティフィシャルレザー・ビニールレザー・PVCレザーなどいろんないわれ方をしている張り地がつかわれていますが、すべてPVCと呼ばれるビニール製の「革に似せた張り地」のことです。革に比べてはるかに安いことが大きな特徴でしたが、近年、ビニール素材の研究により、高級(価格の高い)なタイプのビニールレザーなどは、抗菌性や耐久性・質感など新たな機能を付加して、価格の安いピグメント仕上げの牛革より高い材料などもあります。
しかし、こうしたデザイナーズ輸入製品のために グレードの高い人工皮革を使う可能性は非常に低く、やはり、価格のために使用している場合が多いのが現状です。価格を追求していけば、用途に応じて本革でなくても見分けがつきにくいほどうまく出来ているものもたくさんありますので、材質を理解して行くことでうまく使っていける材質です。

また、最近ネットなどで見られるバイキャストレザーと呼ばれる、張り地の床材は、革を確かに使用していますが、スプリットレザーと呼ばれる本革としての仕上げに向かないグレードの傷などがついた革を更に薄く裂いて、残った革部分だけではすぐ破れてしまうために強度を持たせるために上からビニールでコーティング・印刷をして通常使用できる耐久性を作った素材のことです。先のように革の見た目を作ったビニール張り地のことで、ビニールレザーの一種の事です。いくらオイルやワックスでメンテナンスをしてもしみ込むことや風合いが増していくことは絶対にありませんので理解が必要です。また、通常のPVC製品や本革と比べて表面の仕上げの特徴で、非常に滑りやすい特徴があり、座面など強度が必要な場所には、通常使いません。革張りソファで手の触れない裏面や側面にコストダウンのために使用している製品です。ソファの座面部分には、製品のデザイン、座面部分の角度、形状により使用しない場合が多く、特にデザイナーズ家具に使用する場合には、滑ってしまってアイテムにより選別する必要があると思われます。
ビニール素材にすることでのメリットは、価格が安いことと場合に応じて各機能をもった張り地を生産できるところです。施設などでの抗菌性や高級皮革を使えない環境で機能性や耐久性が要求される場合などです。例えばいい革は、水に弱い特性がありますが、ビニールレザーでしたらいくらこぼしても、乾いた布でふき取れば元通りになりますし、色が変わることはありません。しかし、いい革の年々風合いが増し、10年以上使うことができると言う素材感は、ありません。年々、古くなり劣化していく消耗品として考えていただく材料です。
しかし、短い寿命でも見た目は楽しめますし、メンテナンスが楽なことが本革製品との違いとして特徴がありますので、用途に応じてお選びいただけます。

 

バイキャストレザー特性  
表面は、ポリウレタン樹脂・ビニール系樹脂をコーティングしています。レザーと言う呼び名は、ついていますが、合成皮革(PVC)と呼ばれるタイプです。
バイキャストレザーなるものも、製品の床材は、革を確かに使用していますが、スプリットレザーと呼ばれる本革としての仕上げに向かないグレードの皮を薄く裂いて、その床材だけではすぐ破れてしまうために上からビニールでコーティング・印刷をして、通常の耐久性・革の見た目を作ったビニール張り地のことで、ビニールレザーの一種です。いくらオイルやワックスでメンテナンスをしてもしみ込むことや風合いが増していくことは絶対にありませんので理解が必要です。

 

ビニールレザー(PVC)特徴  
表面は、ポリウレタン樹脂・ビニール系樹脂をコーティングしています。裏面は、合成繊維を貼り合わせています。
 
例えばいい本革は、水に弱い特性がありますが、ビニールレザーでしたらいくらこぼしても、乾いた布でふき取れば元通りになりますし、色が変わることはありません。
ビニール素材にすることでのメリットは、価格が安いことと場合に応じて各機能をもった張り地を生産できるところです。施設などでの抗菌性や高級皮革を使えない環境で機能性や耐久性が要求される場合などです

 

 

メンテナンス(主にウレタン塗装に対するメンテナンスと使用上のご注意)

汚れを取るときの方法:定期的に行ってください。

通常は,乾いた布で乾拭きをして埃や汚れをふき取ります。それでも落ちない汚れなどは、少し水分を含ませた布や中性洗剤を含ませた布で汚れを落として、乾拭きで水分を落とします。

マジックなどの汚れの場合、アルコール・ベンジンなどを塗りますと表面が溶け出す場合がありますのでご使用はおやめください。上記のように中性洗剤でなるべく早く処置をしていただくことで、汚れが染みつくのを抑えてください。

使用上の注意:

直射日光の当たるところでのご使用は控えてください。ビニールの劣化が起きてしまいます。

破れなどが、おきたときは、裏布をあて、接着剤を使って一晩押して接着すれば、お使いになれます。切れた部分がうまく隠れるかどうかは、修理の仕方によります。古くなって表面のコーティングが取れてビニールなどがはがれて来たら、張替え交換の時期です。